卒業 斉藤由貴

卒業ソング/卒業式で泣かないと冷たい人と言われそう…

80年代を代表する卒業ソングの一曲、斉藤由貴(さいとう・ゆき)『卒業』は、斉藤由貴のデビューシングルとして1985年2月にキャニオン・レコードより発売された。

ほぼ同時期に菊池桃子の卒業ソング『卒業 -GRADUATION-』もリリースされ、同じランキング上位に同時にランクインするなど当時は話題を呼んだ。

斉藤由貴『卒業』の歌詞では、「制服の胸のボタン」、「下級生」、「教室」、「セーラー」、「卒業式」と、学校や卒業を連想させる単語がふんだんに盛り込まれ、学生生活に別れを告げる卒業シーズンを迎えた学生・生徒たちの心情が、一人の女性の視点からしみじみと歌い込まれている。

ただ卒業シーズンの別れの寂しさを抒情的に切々と歌うのではなく、もの悲しい雰囲気を漂わせながらも、「もっと哀しい瞬間に涙はとっておきたい」、「過ぎる季節に流されて逢えないことを知っている」など、卒業の当事者でありがならも若干現実的な視点からの冷静な台詞が特徴的。

ジャケット写真:Myこれ!クション 斉藤由貴BEST 試聴あり

松本隆・筒美京平の強力タッグ

作詞は、松田聖子のヒット曲の大半を手掛けた作詞界の大御所、松本隆。松本氏が歌詞を手掛けた有名な作品としては、YMO『君に、胸キュン。』、イモ欽トリオ『ハイスクールララバイ』、C-C-B『Romanticが止まらない』、安田成美『風の谷のナウシカ』、田村英里子『リトル・ダーリン』、中島愛=ランカ・リー『星間飛行』などがある。

作曲は、近藤真彦や岩崎宏美など1970年代から90年代のアイドル歌手に数多くのヒット曲を提供したヒットメーカーの筒美 京平(つつみ きょうへい)。作品の総売上枚数は日本の作曲家で歴代1位、日本音楽界で最も多くのヒット曲を生み出した作曲家(2013年2月現在)として、2003年には紫綬褒章を受章している。

卒業 斉藤由貴

【試聴】斉藤由貴 卒業

関連ページ

卒業ソング・卒業式の歌
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『Believe ビリーヴ』など、学校の卒業式や卒業関連イベントで歌われる卒業ソング特集
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲