思い出は空に

合唱曲・卒業ソング/それぞれ道は分かれても この日の空は忘れない

卒業ソング「思い出は空に」は、1985年(昭和60年)に発表された中学生向けの合唱曲(混声三部合唱)。

歌詞に「卒業」という単語は一切使われていないが、「この日の空」、「今旅立つぼくら」、「希望の明日へ船出」、「それぞれ道は分かれても」、「限りない未来」など、卒業シーズンを暗示する旅立ちのキーワードが随所に見られ、卒業式で歌われることが十分に想定された卒業ソングと言えよう。

作詞者は、詩人・作詞家の秋葉てる代。ネットで検索すると、詩集「ハープムーンの夜に」(銀の鈴社)、同じく詩集「おかしのすきな魔法使い」(銀の鈴社)などの作品が出版されているようだ。詳しいプロフィールや経歴については不明だ。

作曲者は、合唱曲や校歌を手掛ける川崎 祥悦(かわさき しょうえつ)。合唱曲作品としては、「山のいぶき」、「紀ノ川」、「未知への序章」、「祈ろう心こめて」などがある。

【試聴】卒業ソング・合唱曲 「思い出は空に」 混声三部合唱

関連ページ

卒業ソング・卒業式の歌
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『Believe ビリーヴ』など、学校の卒業式や卒業関連イベントで歌われる卒業ソング特集
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲