卒業 -GRADUATION- 菊池桃子

卒業ソング/4月になるとここへ来て 卒業写真めくるのよ

80年代の人気女性アイドル・菊池桃子による卒業ソングは、彼女の4枚目のシングルとして1985年2月にリリースされた『卒業-GRADUATION-』。週間オリコンチャートで初登場1位を獲得する大ヒット曲となった。

作詞は、AKB48のプロデューサーとして知られる秋元康、作曲・編曲は、中森明菜『北ウイング』、アニメ「美味しんぼ」オープニング曲の中村由真『Dang Dang 気になる』などで知られる林哲司。林氏は菊池桃子『もう逢えないかもしれない』の作曲も手がけている。

ジャケット写真:菊池桃子 スペシャル・セレクションI

同時期にランクインした斉藤由貴『卒業』

菊池桃子『卒業-GRADUATION-』がリリースされた当時、ランキングには同じく卒業ソングの斉藤由貴『卒業』も同時期にランクインしていた。

とあるテレビ歌謡番組で同日にランキング上位曲となった際、司会者から「同名の曲ということでお互いに相手を意識していますか」と問われたところ、菊池桃子は「意識していないです」と笑顔で答えたのに対し、斉藤は「意識しています」と真顔で答えたというエピソードが残されている。

卒業 菊池桃子

【試聴】菊池桃子 卒業

関連ページ

卒業ソング・卒業式の歌
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『Believe ビリーヴ』など、学校の卒業式や卒業関連イベントで歌われる卒業ソング特集
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲