輝くために

合唱曲・卒業ソング/みんなで明日へふみ出そう どんな時も 輝くために

『輝くために』は、2005年に教育芸術社から出版された中学校・中学生向けの合唱曲。作詞・作曲は若松 歓(わかまつ かん/1965-)。

歌詞は、「人生」・「道」・「人間」・「生きる」といった人生哲学的なテーマを扱いながらも、決して重苦しく堅苦しい印象ではなく、共感しやすい「喜び」と「悲しみ」、「涙」と「微笑み」など感情に訴えかける概念を対義的に用いてコントラストをつけながら、メロディメーカー若松歓の感傷的で流れるような美しい旋律とハーモニーに載せて、明るい未来へ向けて前向きで力強い応援メッセージが綴られている。

なお、「出会い」と「別れ」や「道」と言った卒業ソング的なキーワードも散りばめられ、『旅立ちの日に』と同じくミディアムテンポで比較的歌いやすくメロディも美しいことから、『輝くために』は中学校の卒業シーズンにおける卒業式や関連行事で歌われる機会も少なくないようだ。

若松歓による合唱曲その他

君とみた海
夏の海と青い空が目に浮かぶようなキラキラとした美しいメロディの合唱曲
この地球のどこかで
『君とみた海』を作曲した若松歓による卒業ソング
有名な合唱曲 解説と視聴
小中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲一覧
卒業ソング・卒業式で歌う合唱曲
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『大地讃頌』など、小中学校の卒業式や卒業シーズンに歌われる合唱曲特集

【試聴】輝くために

関連ページ

卒業ソング・卒業式の歌
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『Believe ビリーヴ』など、学校の卒業式や卒業関連イベントで歌われる卒業ソング特集
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲