COSMOS コスモス

合唱曲・卒業ソング/君は宇宙 君は星 熱く流れる百億年の歴史

『COSMOS(コスモス)』は、男女二人の音楽ユニット「アクアマリン」のメジャーデビュー曲。タイトルはギリシア語で「宇宙」の意。

2000年に混声三部合唱曲としてアレンジされ、以後、小中学生の合唱曲の定番として高い人気を得ている。卒業シーズンの曲としても歌われることがある。

編曲は、数多くの合唱曲向けアレンジを手がける富澤裕(とみざわ ゆたか/1959-)。

アクアマリンは、ボーカルのSachikoと、作詞・作曲・キーボード・ギター担当のミマスの二人から成る音楽ユニット。1998年6月に結成し、1999年4月に『COSMOS(コスモス)』でメジャーデビューを果たした。

COSMOS 混声三部合唱 クラス合唱曲集

【試聴】COSMOS(コスモス)

【試聴】COSMOS(コスモス) 混声合唱

関連ページ

卒業ソング・卒業式の歌
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『Believe ビリーヴ』など、学校の卒業式や卒業関連イベントで歌われる卒業ソング特集
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲