蝶が海峡を渡る

合唱曲・卒業ソング/勇気と希望を胸に きらめく幾千の蝶が海峡を渡る

『蝶が海峡を渡る』は、富澤 裕作曲、菅原 英子作詞による同声二部の合唱曲。

歌詞の内容は、海峡を越えて飛んでいく蝶の姿に、卒業していく児童たちを重ね、勇気と希望を胸に羽ばたいていく少年少女の門出を祝う卒業ソングとなっている。

作曲者の富澤 裕は、『BELIEVE』、『COSMOS』、『この星に生まれて』など、数多くの曲を合唱向けに編曲している。

蝶が海峡を渡る 学校トランス

【動画の視聴】 混声三部合唱 蝶が海峡を渡る 歌詞付き

関連ページ

卒業ソング・卒業式の歌
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『Believe ビリーヴ』など、学校の卒業式や卒業関連イベントで歌われる卒業ソング特集
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲