ありがとう さようなら

卒業ソング・NHKみんなのうた/みんなの笑顔 いつまでたっても忘れない

『ありがとう さようなら』は、NHK「みんなのうた」で1985年に初回放送された日本の曲。

1番では「ともだち」、2番では「教室」、3番では「先生」と、通い慣れた学校を卒業していく学生が、お世話になった友達や先生、教室に感謝と別れを告げる切ない卒業ソング。

作詞は、『北風小僧の寒太郎』、『太陽がくれた季節』、『宇宙刑事ギャバン』など数多くの有名な作品を手がけた山川 啓介(やまかわ けいすけ)。本名は井出 隆夫(いで たかお)。

作曲は、『赤鬼と青鬼のタンゴ』、『パジャマでおじゃま』、『そうだったらいいのにな』など子供向けの曲で知られる福田 和禾子(ふくだわかこ)。

みんなのうた45周年ベスト曲集(「ありがとう さようなら」収録)

『ありがとう さようなら』 決定盤!!「卒業ソング」ベスト

【試聴】ありがとうさようなら 二部合唱

【試聴】ありがとう さようなら 卒園式のお歌で号泣

卒業ソング・卒業式の歌