桜ノ雨 absorb feat.初音ミク

卒業ソング・合唱曲/教室の窓から桜の雨 ふわりてのひら心に寄せた

『桜ノ雨』は、日本のアコースティックバンド absorb(アブソーブ)による卒業ソング。VOCALOID『初音ミク』のヴォーカルによる動画で話題となった。

absorb(アブソーブ)は、男性3人組のユニット。2008年11月26日に「桜ノ雨」(ジャケット写真)で日本クラウンからメジャーデビュー。

パッケージには初音ミクも描かれ、アーティスト名義も「absorb/absorb feat.初音ミク」となっている。

2009年の卒業シーズンには、全国で80校以上の学校が早速この「桜ノ雨」を合唱する予定とのこと。今後もさらに注目を集めそうだ。

【試聴】桜ノ雨 <合唱>

【試聴】初音ミク 桜ノ雨

関連ページ

卒業ソング・卒業式の歌
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『Believe ビリーヴ』など、学校の卒業式や卒業関連イベントで歌われる卒業ソング特集
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲